今月のCapeta(2007/12)

やべー、今月のは読んでて泣きそーになった(T0T)


「ブレーキでがつんとノーズダイブさせてフロントウィングを地面に張り付かせるんだ」


というオヤジのアドバイスをもとにカペタはアタックを重ねるが、タイムが上がってくると、Gがキツくて体力的に厳しくなってきて、思うように車が操作できなくなってくる。


技術的、イメージ的にはもっと行けるはずだと分かるのに、身体がついてこない。これはかなりもどかしいだろう。


攻める走りをしたことがない人にとっては、車運転するだけでなんでそれがスポーツなんだ?と思うだろうが、一般道を市販車で走ってさえも、気合入れて走ったらすごい体力を使う。


サーキットでレーシングカーで走るなら、しかもF-3以上のマジモノのレーシングカーで走るなら、一般的な車の運転からは有り得んほどの体力を使うはず。


一定以上のところからタイムが上がらなくなったカペタを見て、アドバイスした謎のオヤジは、まあこんなもんか、ここからが素人とプロ(つまりF-3以上で戦える本物のレーサー)の境目なんだがなと一人ごちる。


しかしカベタは諦めていなかった


体力的にはそろそろ限界だが、オヤジが言ってたフロントウィングべたーの意味も分かってきて、F-3マシンの空力特性もつかんできて、タイヤはギリギリまだいける。


集中したいから(無線で)話しかけるな。と言って全力アタックしたカペタのタイムは・・・


どっひゃ〜



泣けますわこれ☆
コンビニで立ち読みしてて泣きそーな顔になってるオッサンはかなり怪しかっただろう(^^;



今月のCapeta(2008/01)


今月号も泣き泣きですわ。


F-3マシンのセッティングや乗り方について、やたらと口出ししてくる謎のオッサンは、F-3で走ってるプライベートチームのボスだったと判明した。
どーりで、しみ ハイドロキノンにやけに詳しいわけだ。


カペタは結局、他のライバル達を退けて、一人だけ1分36秒台のタイムを叩き出す。


富士スピードウェイってはあまり縁がないんで、そこで1分36秒台がどのくらい速いのかピンとこないが、36秒台で走れるなら、全日本のF-3で上位に入れるぐらいらしい。


っておいおい、この日初めてF-3マシンに乗った高校生に出せるタイムじゃねー


しかも驚きのタネ明かし。
カペタがなんか自分のマシンが調子悪いと言っていたのは、実は間違いではなかったことが明らかになる。


カペタのマシンだけ、他のマシンより余分にバラストを乗せていたことが、走行後の整備で明らかになる。
重量にして5kg。富士でF-3で5kg違ったら、ラップタイムで0.5秒は違ってくるらしい。


カペタは、0.5秒分のハンデを背負っていながら、ライバル達を退けて一番時計を出したことになる。
これにはチーム関係者のおっちゃん達はみんなぶったまげる( ̄□ ̄;
いや〜、読者もぶったまげですよL(゜□゜L)


毎月おったまげずにはいられないCapeta。来月は何で驚かせてくれるのだろうか☆



招待制から登録制になるとか

招待されないと入れないようになってるmixiだが、登録制に移行する予定だとか。

ハッピーメールとかワクワクメールが最近すごいことになっているらしい。

mixiは最強の出会い系という説は前からあることだが、登録制になることでより強化されるのだろう。

mixi強化、ハピメ、ワクメの無法状態が容認されているということは、たぶん風俗業界の勢力図が大きく変わってきている。

素人に出会いでガツガツやられると、プロのシェアが喰われて値崩れしてしまうので、そっち方面に既得権益を持っている団体としては、絶対に容認できないこと。

折に触れて風紀引き締めで歌舞伎町とかでガサ入れがあるのは、過当競争で値崩れしそうになった場合とか、逆に不景気で業者が余り過ぎる場合に、元からやってる老舗のその筋の団体が、都や警察にお願いするからで、別に石原慎太郎が清潔好きなわけではない。

今、素人ベースのが通っているということは、業界の勢力図が大きく変わったということなんだろう。

既存の形態の水商売や風俗をやってる人たちにとっては、厳しい季節になるかも知れない。